不動産投資経営はどのように行うのか


不動産がもっているのであれば、使わない、また住むだけではもったいないです。そんな不動産も投資や活用をすることに積極的になってきています。とはいえ、不安にどうしてもなってしまうのが、本当に管理や経営できるのかということでしょう。

自分が大家になって管理をする方法

実は管理や経営といっても、いろいろと方法はあるのです。それをいくつか見ていきましょう。
まずは、自分が大家になり管理をして行くと言うものです。たとえば、アパートをたてた、マンションをたてた後に自分でやると言うことです。
この場合は、不動産業者に協力してもらったり、また自分で広告を出すなどして、入居希望者を集めたりします。あとは、自分でその相手と交渉をして、契約を結びます。契約書の準備から相手の選定まで自分でやります。

さらにその相手から家賃をもらっての収入を管理したり、不動産の状態のチェックや必要の応じて修繕したり、また住民同士のトラブルがあったときの対応などもしなければなりません。

駐車場経営でも同じように行います。やはり駐車場代も大家のところまで、もってきてもらったり、振り込みにするなど管理をしないといけません。

そして退去後も、また希望者を集められるように部屋などの修繕もしないといけないのです。

管理会社へ依頼すれば手間も減ってくるので楽

こうした自分で管理するのも楽しかったり、やりがいもあるものです。しかし、高齢になってきてからの不動産投資する人も多く、その場合自分で経営や管理と言うのはかなり大変です。

そこで、管理会社へ頼む方法があります。この場合には、管理会社のスタッフが大家となり、住民や借りた人の管理を行います。
ですので、実際に住民の対応の手間はなくなります。本当にすることは、入ってきた収入だけを管理して、確定申告をすることとなります。

この場合には、なにもしない代わりに管理会社へ仕事の委託費を支払わないといけません。そうなると収入も大家を自分でやるときよりも減りますし、また収入も入ってこないと、お金だけが出ていくだけとなり、赤字となってしまいます。家賃収入が安定しているかが使える鍵となるのです。

サブリースならば安定して長年収入が入る

そして、最後はサブリースという方法があります。テレビで一時期流行った30年一括借り上げというようなものです。これは不動産業者が部屋をすべて借りて、不動産業者が希望者へ又貸しするのです。

そのため、不動産のオーナーは不動産業者から家賃収入を得るので、実際に空き部屋でもそのぶんも収入があるのです。

今ではサブリースの問題もしばしば上がっていますが、高齢者や副業での不動産投資をした人にはありがたい制度なのです。

ここにあげた方法のいずれかとなるはずです。ぜひあなたにあった経営や管理の方法を見つけてみてください。